バストアップの基礎知識

美容外科で受けることが出来るバストアップの方法はたくさんあります。どのバストアップでも、マッサージやエクササイズよりすぐに効果を実感することが出来ますが、自分に合った最適な方法を選ぶ必要があります。バストアップ法はそれぞれ違いがあり、料金もバラバラです。そのため、まずはどんな方法があるのか詳しく知る必要があるのです。このページでは美容外科で受けることが出来る代表的なバストアップ法を紹介しています。

脂肪注入

貧乳の人がバストアップする方法は豊富にあります。その中でも脂肪注入によるバストアップは嬉しいメリットがたくさんあります。貧乳の人でもボリューム満点のバストになれることはもちろん、形を自由に決めることが出来ます。自分の脂肪を使うので触り心地に不自然さは全くありません。また、トラブルが起こることも少なく、定着率も高いので…(続きを読む)

人工乳腺

貧乳をバストアップする豊胸手術の方法は、「人工乳腺」という方法が主流になっています。「インプラント」や「豊胸バッグ」ともいわれており、バッグを挿入することで貧乳をバストアップする豊胸手術です。バッグを挿入する方法には「乳腺下法」「大胸筋下法」「大胸筋膜下法」などがあり、どれも切開してバッグを挿入していきます。全身麻酔を…(続きを読む)

生理食塩水バッグ

「生理食塩水バッグ」は人工乳腺のひとつであり、豊胸手術の中でも有効な治療方法です。その名の通り「生理食塩水」を使用しているのが最大の特徴です。安全性が高く、体に負担をかけずにバストアップすることが出来るため、数多くある治療方法の中でもとくに人気です。ワキの下からシリコン素材のバッグを挿入した後に、チューブで生理食塩水を…(続きを読む)

ハイドロジェルバッグ

乳腺バッグを使用し、バストアップする方法は様々にありますが、その中でも主流なのが「ハイドロジェルバッグ」です。切開したワキの下にハイドロジェルバッグを挿入することで、バストアップすることが出来ます。大きさも指定出来るため、カップ数に合わせて選ぶことができ、自分の理想のバストに仕上げることが出来るのです。現在、豊胸手術で…(続きを読む)

乳腺下法

豊胸手術で最も行われる方法が「乳腺下法」です。バストにバッグを挿入してバストアップを行う方法です。豊胸手術の方法は他にも行われていますが、乳腺下法では乳腺を傷つけることがないため、女性の妊娠や出産にも影響なくバストアップ出来るのが特徴です。ワキの下を切開しバッグを挿入しますが、他の豊胸手術に比べて浅い位置に入れていきます。…(続きを読む)

大胸筋下法

貧乳にバストアップ効果をもたらす方法である、豊胸手術のひとつに、「人工乳腺」があります。人工乳腺とは、乳腺の下にバッグを挿入しバストアップ効果を与える方法です。脇の下を切開してバッグを挿入していきます。挿入する箇所により、治療方法は異なり、その方法は「大胸筋下法」と「乳腺下法」の2種類です。しかし、これら二つの方法で…(続きを読む)

ラウンド型

貧乳に悩む女性の強い味方、豊胸手術。その方法は実に様々です。ヒアルロン酸を注射してバストアップする方法もありますし、脂肪を注入する方法や、シリコンバッグを入れる方法も根強い人気を誇っています。シリコンバッグは豊胸バッグとも呼ばれており、大きく分けて「ラウンド型」と「アナトミカル型」の2つの形に分けられます。その中のひとつ、…(続きを読む)

アナトミカル型

貧乳に悩む女性の多くは、豊胸手術を受けバストアップをしています。豊胸手術にもいくつかの方法があります。その中のひとつ、「バッグ挿入」は貧乳の人に大変人気の高い施術方法です。バッグにも形の種類があります。「ラウンド型」と「アナトミカル型」です。ラウンド型は、丸いドームのような形をしています。アナトミカル型は、しずく型、…(続きを読む)

豊胸の口コミでおすすめの美容外科

品川美容外科

城本クリニック

真崎医院

プリモ麻布十番
クリニック

湘南美容外科
クリニック

おすすめ豊胸手術

ヒアルロン酸注入による豊胸
貧乳の人は、様々なバストアップ方法を試したことがあるのではないでしょうか?自分で行うバストアップでは、効果を実感する…
人工乳腺バッグ挿入による豊胸
バストアップ方法は様々あり、中には自宅で簡単に取り組めるものもありますが、簡単な方法ではいまいち貧乳に効果を得られません。…
脂肪幹細胞注入による豊胸
体に脂肪はたくさんあるのに、貧乳で悩んでいる人はとっておきのバストアップ方法があります。美容外科で受けることが出来る…
  • バストアップの基礎知識
  • バストアップ FAQ
  • 悩み解決!貧乳豊胸相談室 はじめよう!バストアップ

豊胸美容コラム

バストアップの NG

バストアップを目指すなら、気をつけなくてはいけないことがたくさんあります。まず、体を冷やさないように注意しなくてはいけません。体が冷えることで、代謝が悪くなり、胸に栄養が送られなくなるのです。ですので、体が冷えないように常に気をつけましょう。また、姿勢にも注意が必要です。猫背が続くと貧乳の人でも胸が垂れてしまうこともあります。それだけではなく、猫背は体に悪い影響しかありません。改善した方が良いでしょう。

このページのトップへ